RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ポケミス日記

ハヤカワ・ミステリのあれこれ雑談を綴ります。
読了 1610『遊戯室』フランセス・ヘガティ
0
    周りから理想の夫婦だと思われていたデイヴィッドとキャサリンだったが
    実際はそうではなかった。
    デイヴィッドは自分の思い通りにならないと気がすまないタチで
    キャサリンは彼の言うままに従う生活だった。

    デイヴィッドは娘のジャネッタのことを、自分の子供ではないと疑っていた。
    躾という名の罰はだんだん酷くなっていくばかりで
    やがては遊戯室に閉じ込めて、食事も与えないようになった。
    キャサリンは、ただただ従うしかなかった…。


    娘がどんどん虐待されていく怖い感じのサスペンス。
    ミステリ色は薄いけれど、なかなか読み応えはある


    [詳細]
    遊戯室

    | 読了 | 23:14 | - | - | - | - |
    読了 786『釣りおとした大魚』A・A・フェア
    0
      ラムとクールは、息遣いだけの無言電話や脅迫状に悩ませられている
      マリリン・チェランを24時間護衛することになった。
      ラムは、護衛を依頼したアーチャーの車を尾行していたことから
      コールガールの斡旋をしていたジャネット・ラッティの殺人事件に巻き込まれる。

      しかも、事件当夜、クールはマリリンに睡眠薬入りのチョコレートを飲まされていた…。


      相変わらず警察と折り合いが悪いラムが事件にクビを突っ込み
      奮闘します。
      巧みな話術を使って警察をやり過ごしたり、重大な証言を得たりと
      軽快なフットワークで殺人事件の謎に挑む姿がおもしろいです。


      [詳細]
      釣りおとした大魚
      | 読了 | 23:20 | - | - | - | - |
      読了 327 『ベルの死』 ジョルジュ・シムノン
      0
        その夜、スペンサー・アシュビイは妻のカード遊びの誘いを断り、
        部屋で一人で轆轤を回していた。
        モーター音が大きくて、帰ってきた下宿人のベル・シャーマンの
        言葉は彼に届かず、『おやすみなさい』の口の動きが読み取れる程度だった。

        一夜明けると、そんなベルが淫らな姿で殺されていた。
        アシュビイはおろか、夜遅く帰ってきた妻も凶行にまったく気付かなかった。
        ベルはとても美しく、妻はアシュビイが殺したのではないかと疑っていた……。


        ベルをただの下宿人としてしか見ていなかったアシュビイが
        彼女の死後、彼女に対する見方を変えていく。
        ミステリのような話で、でも、ミステリではなく
        ちょっと不思議な物語だった。


        [詳細]
        ベルの死

        | 読了 | 01:01 | - | - | - | - |
        読了 1599 『じゃじゃ馬ならしに気をつけて』 ギリアン・ロバーツ
        0
          バザーに使う古書の中から「夫に殺されるかもしれない」など
          家庭内暴力に関する書き込みを見つけた英語教師のアマンダは
          出品者を探し出して助けようと躍起になる。

          ついに彼女の家を突き止めて訪問すると、
          なんとそこには彼女の夫の銃殺死体が転がっていた……。


          ユーモアのあるサスペンス。
          展開が速くて飽きることなく読み進められます。
          妻が犯人だという周りの意見をよそに、
          彼女の無実を信じて調査するアマンダのたくましさがおもしろいです。


          [詳細]
          じゃじゃ馬ならしに気をつけて
          | 読了 | 08:55 | - | - | - | - |
          読了 1365 『わが職業は死』 P・D・ジェイムズ
          0
            仕事はできるが、周りからよく思われていない
            そんな法科学研究所の部長が殺される。

            現場にはノートが破られるなどの不可解な状況があります。
            検死のプロたちの身近なところでおきた殺人事件に
            ダルグリッシュ警視が挑みます。


            最初の殺人が起きるまで、さまざまな登場人物の視点からの
            物語の描写があります。
            視点がころころ変わるので、読みにくいと感じましたが
            実はそこに物語を面白くするための伏線が織り込まれていました。


            [詳細]
            わが職業は死
            | 読了 | 01:02 | - | - | - | - |
            読了 726 『ものはためし』 A・A・フェア
            0
              薄い本の割りに、意外と読むのに時間がかかってしまいました。

              A・A・フェアの本は初めて読むのですが、
              結構軽くて、お色気たっぷりな印象です。


              殺人事件が起きたモーテルに泊まっていた男からの依頼を
              ものはためしとばかりに受けてしまったせいで、
              探偵のラムはひどい目にあいます。

              ミステリとしてはおもしろかったと思います。


              [詳細]
              ものはためし
               
              | 読了 | 19:07 | comments(0) | - | - | - |